少子高齢化社会による労働人口の減少や、感染症の拡大を防ぐための新しい生活様式の確立、高速通信やAI・IoTなどの技術革新の進展等、私たちを取り巻く社会構造は日々変化しています。
このような社会構造に対応する社会資本の整備、維持を目指す新日本設計もまた、変化していくことが求められています。

働き方改革

社員一人一人がやりがいを感じ、自己の能力を最大限に活かせる職場こそ品質の向上につながる第一歩であると考えます。
そのために、
働き方改革への取組を実践し、
就業環境の改善に全力で取り組んでいます。

DX

少子高齢化による労働人口の減少が進行する状況において、社会を維持し持続的な成長を行うためには、デジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性の向上が不可欠となっています。 新日本設計では、インフラ分野のデジタルトランスフォーメーションを目指すだけでなく、社内の改革についても、できるところから一歩一歩続けています。

感染症対策

社員及び社員の家族の方々の生命・健康を第一優先に守ること、感染拡大等の緊急時にテレワークと分散勤務を導入することにより業務遂行体制を維持・継続することを目的として、
「新型コロナウィルス感染拡大防止対策」
を実施しております。

その他の新日本設計の取組をみる

維持可能な社会