建設コンサルタントとは

建設コンサルタント

建設コンサルタントは、「つくる以外なんでもやる」と言われるように、社会資本整備に関わる計画の検討、調査、設計、施工管理、維持管理など、主に官公庁となる顧客への土木技術の提供を通じて社会に貢献する仕事を行っています。
近年では、自然災害の激甚化や社会資本の老朽化等が課題になり、維持管理、防災・減災への取り組みが重要となっています。
維持管理では、構造物の安全性と信頼性を確保しつつ、維持管理の経費縮減が重要となります。そのために既存の構造物を効率よく長く活用するという視点から、施設の劣化状況を調査し、維持管理の計画づくりや設計を行います。道路の場合は、橋梁やトンネルなどの劣化度合を点検・診断し、長寿命化する計画の策定や補修、補強設計を行います。
人々の生活をより安全で便利に、そんな想いを形にするべく、事業者のパートナーとして日々考え、創造しています。